CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< この秋一番の寒さ | main | 寒いよさむい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ナンパ
日に日に寒さが増して、今日はうちから見える富士山も白いケープを被っているご様子。

******

一昨日から始めた今年初のおでん。
グツグツ煮込んで具を足して。いつまで続くのか…早くも飽きてきたので今日はロールキャベツを入れるつもりです。

******

先日、スーパーで買い物をしてクルマのドアを開けいざ帰らん、としたそのとき。
「あっ、あのぅ」
と、クルマの前にすーっごくカワイイ女の子がやってきた。
歳の頃は20代半ばといったところか。
白くて、パッチリした目元にはブルーのシャドウが塗られ、ジェニーちゃん(人形だよ!)が人になって飛び出してきたかと思うぐらい、本当に可愛らしかったのだ!!
ああ、今オッサンだったら絶対にメロンメロンになって口元がだらし無くなってた(けどおばさんなのでそこはグッと堪えてみた)のに!

どこかで会ったことがあった?仕事関係?などと思い巡らしてみたものの全く記憶にない。

彼女も、あのっ、あのっ…とニコニコしながら私の顔を見るだけで次の言葉がうまく出てこないよう。

もしかしたら、私が何かを落として拾ってくれただとか、
何か粗相をしてしまったのならお詫びでもしなくては!と、焦るものの
落とすほどのものもなければスカートがめくれあがっているわけでもなく
(我ながら例えが美しくなく申し訳ない)、
心当たりは残念ながらゼロ…

膠着状態(睨み合いならぬ微笑み合いっつーのかしら?)がしばし続き、彼女の口から、
突然声を掛けさせてもらってすみません、と。
はあ…
「以前、何かされてませんでした?」
何かってなに???って言いたいぐらい、ザックリした質問だよ。
それでもカワイイのぅ、と性懲りもなく目を細めたくなったおばちゃんであった。

という感じのやり取りがあり、
結局最後まであわあわした彼女のお話を10分ほども聞くはめになってしまった。

******

……意味解らないでしょう?
私も今だに皆目見当がつかないのです。

人違いだったのか、何かの勧誘だったのか。
※ところで、話しの流れで彼女はとある有名化粧品メーカーにお勤めだということが判ったのだけど、勧誘ならばパンフレットのようなモノは必携のはず!でしょう?
しかしそれすら持っていなく…ということで勧誘ではないと踏んでみました。

最後の最後に手帳から化粧品のリーフレットを一枚取りだし、
私、ここにいるのでぜひ連絡ください。と。

彼女のシャチハタ印が押されたそれは今も私の手元にある。
ほんの一週間程しか経っていないのに、狐に摘まれたみたいな出来事です。

******

ひょっとして狐ヶ崎だったから?!

******

私が20代だったなら疑うことなく友達になってたかしら。
とかね。

そういう年頃でもないと思ってしまうのはあまりに物悲しいので、しばらくペンディングしときましょ。

******

お恥ずかしい話しだけれど、若い頃は女の子同士でナンパ?して知り合った友達が何人もいた。
出会いはサッカー会場だったり、何かの集まりだったり。
理由は何でも良くてとにかく楽しければ良かったのだ。

もちろん今でもお付き合いある子たちがいて、
全部を共有していないからこそ
ありがたいことに今でも仲良くしていられるんだと思っている。

******

オンナノコ同士の付き合いってフクザツだけどシンプルでもあるのよね。
と今は言える。
近すぎても遠すぎても見えないもの、みたいな。

******

堪らなく切ないメロディを聞いていたら、あっと言う間に夕暮れだ。

季節は巡ってますね。
| - | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:28 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://thursdays.jugem.jp/trackback/299
トラックバック